2008年05月28日

コンパニオンプランツとガーデニング風水

今日は朝から土いじり。
苗をたくさん買ってきて、これからの季節に向けて、いろいろ植えました。

マリーゴールドとオクラ
バジルとトマト
キュウリとナスタチウム

これは、どれもコンパニオンプランツ。

ブルーサルビア
ペチュニア

これは、いずれも風水狙いのチョイス。
さらに、終わったプランターの土の処理やいろいろと種を植えたりして、次の準備も怠りなく終了です。
 
posted by (屁)理屈オヤジ at 15:39 | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドッグラン完成

朝から子どもたちとホームセンターへ。
犬が花壇を荒らすのと、階段から落ちそうなので、ウッドデッキについ立を作るコトにしたのです。

家内が木の色が気に入らないというので、防腐剤入りのペンキを塗ることにしました(やや緑がかっているのは、防腐剤です)。
強風が吹いていて難儀しましたが、何とか完成です。
ワンコも狭いですが、ドッグラン状態に嬉しそうでした。

posted by (屁)理屈オヤジ at 15:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウッドデッキの拡張

ウッドデッキを拡張することにしました。
業者さんに見積もりに来ていただいたのですが、家内との事前調整が済んでいなかったため、業者さんの目もはばからずに口喧嘩。
ま、年内中にはするつもりだったので、私が折れて解決。

で、会社から帰宅したら、ウッドデッキが完成してました。
正味2日ぐらいです。
意外とあっさりできてしまうみたいです。

posted by (屁)理屈オヤジ at 15:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミミズコンポスト

ミミズコンポストが到着。
早速、ミミズコンポストの組み立てを開始。
2時間弱で完成。

これで我が家の生ゴミと花や野菜の残骸を処理できます。

と、思いきや、家内がミミズコンポストを見て、処分命令が…。
臭わないし、環境に貢献できるし、ハエの対策もバッチリなので、説得を試みるが、聞いてもらえず…。
しばらくは、押し問答が続く予感。

でも、処分は絶対にしないもんねぇ〜。
posted by (屁)理屈オヤジ at 15:34 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガーデニングプロジェクト完成

園芸の一環として、我が家の猫の額ほどの畑で何か収穫できないものかと家庭菜園の勉強も開始した。

収穫できる野菜・果物はたくさんある。
その中から実際に植えるものを選ぶのには、いくつかの条件で絞り込まなければならない。

最初の条件は、日当たり。
野菜・果物は何でもかんでも日が当たればよいというものではない。
もちろん、日当たりが良くないといけないものもあるが、他にも半日陰や弱い光でないといけないものもある。
半日陰は、日に3−6時間、直射日光が当たることで、弱い光は、全く直射日光の当たらないこと(室内レースカーテン越し、生い茂る木々の木漏れ日のみ等)をいう。
我が家の畑は、半日陰なので、半日陰で育つ野菜・果物に絞り込む。

次は、収穫時期。
狭い畑なので、同じ収穫時期のものをいくつも植えてもしょうがない。
効率良く収穫時期をずらして植えなくてはならい。
そこで、収穫時期で割り振る。

ここからが始めて知ったコト。

野菜・果物を植えるのに気を付けないといけないことがある。
それが、『連作』と『輪作』。
連作は、同じ場所に同じ種類の野菜を植えることを言い、肥料分や栄養分の吸収の偏りが原因で病気になったり、害虫にひどくやられたり、育ちが悪くなったりすること。
輪作は、連作の害を出さないように、畑をいくつかに区切り、異なる種類の野菜を組み合わせて作ること。

つまり、抽出した野菜・果物が何科に属するかを調べ、次に植える植物との相性を考えつつ、区切った畑をローテーションさせて、収穫計画を考えなくてはならない。
もちろん、畑にもコンパニオンプランツは存在し、相性の良い野菜を同時に植えることも忘れてはならない。

我が家の場合は畑を三分割で考えているので縦に三段、横は収穫時期を大まかに四季で分けたので四列、合計十二のマスを縦と横の相性を考えて埋めていくことになる。
パズルのようで、なかなか楽しい。

収穫計画が完成したら、今度は各野菜ごとの作業をルーチンにまとめるのだが、これはばだ先のことなので、追々着手する予定。

あと必要なモノは、苗と堆肥ぐらい。
苗は、やはり三月ぐらいまで購入できないので置いておこう。
堆肥は、再来週に届くミミズコンポストが作ってくれるので、問題ない。
つまり、これで準備は整ったことになる。

posted by (屁)理屈オヤジ at 15:33 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガーデニングに挑戦

今まで、土にさわるのも鳥肌が立つような私でしたが、カブトムシの飼育などをしているうちに、土にさわらないと落ち着かなくなってきました。

で、この週末にチューリップを植えたのだが、あまりに楽しいので、今後の園芸計画などを考えてみた。
組み込む要素はいくつかある。
とくにmixiで教えていただいた『コンパニオンプランツ』や『ゼラニウム』は興味深い。

『コンパニオンプランツ』は、何かを一緒に植えることで、相乗効果があったり、虫除けの効果があったりする組み合わせのこと。
これは、我が家のシンボルツリーの下に植える草花の選択にも参考にしようと思う。

『ゼラニウム』は、ハーブの一種らしいのですが、匂いが強いらしく、犬・猫も避けていくとか。
こちらは、我が家のウッドデッキ下の猫対策の一環に役立ちそうだ。

他にも『ガーデニング風水』なども勉強した。
ガーデニングにも風水があるんだそうだ。

とにかく園芸は何かと奥が深い。

これらのコトを整理して、効果的な年間計画に仕上げたつもりだ。
で、計画ができたらすぐに実行したくなる性格の私は、早速、ホームセンターに行ってみた。
しかし、草花は時期にならないと取り扱っていないらしく、せっかく立てた計画は、一年がかりで実行しながら完成していくことになるらしい。
モチベーションが継続できるかが、やや不安。

そんなことを言っていても仕方がないので、とりあえず、家庭菜園の収穫計画も考えておこう。
とりあえず、来年は土まみれの1年になりそうだ。
posted by (屁)理屈オヤジ at 15:32 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

屋外用掃除機

購入していた掃除機が届いた。
掃除機といっても屋外用の掃除機である。

我が家のシンボルツリーは落葉樹なので、この時期は落ち葉が凄いことになる。
しかも、下は芝生なので、掃くこともできない。
落ち葉ぐらいなら、手で拾えないこともないんだが、実はエゴノキは実もなり、それも落ちるのだ。
この実が小さくて、芝生に絡まって、とてもじゃないが拾いきれない。
そこで、その落ち葉を吸い込むための掃除機を購入したのである。

しかし、この掃除機、想像以上にデカイ。
この掃除機もネット通販で購入したので、写真しか見ていないのだが、これほどデカイとは…。
ハンドクリーナーぐらいだと思っていたのに…。

早速、掃除機をかけているときに家内と子供たちから「うるさいと」クレーム。
ということで、終了です。

posted by (屁)理屈オヤジ at 15:31 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。